体が痛い理由が人に気を使っていたことで悪化したから心外

人がいるところに行って、無意識で色んな人がいましたが、どういう人がいたのか全部のことは知りません。体が痛いのを発症しても我慢してたらいられました。そういうのが数カ所の環境でありましたね。肩の荷とか、膝が痛いのとか、目がぼやけたり虫が飛んで見えたりとか、顎関節が痛んだこととか、そういうのが全部どこかにいた人達に頑張ったから発症したものです。他人に張り付いてしまう意識というものは、大変な人には制御できないということだと思います。どこにいたどんな人がどういう状態かということを、知れたのかすらいまだに思うわけです。何もなさそうでも何かある人だったら周りにいた自分達はどうすることができたんでしょうか。いまだに分からないので具合が悪いです。周りに気づけましたかね。そんな自信がなかったのは自分だけだから発症したりとかあるんでしょうか。迷惑だとかを言い放ってるだけじゃ回避なんてできなくて、立ち向かってたら痛いところだらけでした。言いたいことは多分これ以上楽できた時に分かるんでしょう。おいしいフルーツはコチラ

体が痛い理由が人に気を使っていたことで悪化したから心外