体が痛い理由が人に気を使っていたことで悪化したから心外

人がいるところに行って、無意識で色んな人がいましたが、どういう人がいたのか全部のことは知りません。体が痛いのを発症しても我慢してたらいられました。そういうのが数カ所の環境でありましたね。肩の荷とか、膝が痛いのとか、目がぼやけたり虫が飛んで見えたりとか、顎関節が痛んだこととか、そういうのが全部どこかにいた人達に頑張ったから発症したものです。他人に張り付いてしまう意識というものは、大変な人には制御できないということだと思います。どこにいたどんな人がどういう状態かということを、知れたのかすらいまだに思うわけです。何もなさそうでも何かある人だったら周りにいた自分達はどうすることができたんでしょうか。いまだに分からないので具合が悪いです。周りに気づけましたかね。そんな自信がなかったのは自分だけだから発症したりとかあるんでしょうか。迷惑だとかを言い放ってるだけじゃ回避なんてできなくて、立ち向かってたら痛いところだらけでした。言いたいことは多分これ以上楽できた時に分かるんでしょう。おいしいフルーツはコチラ

体が痛い理由が人に気を使っていたことで悪化したから心外

思春期の息子は父親が大好き

「ママ」とまとわりついていた息子も小学6年生となり私のことを「ママ」と呼ぶのも恥ずかしいようで「ねえ」としか呼ばなくなりました。
家族で外食に行ってもいつも誰が私の隣に座るのか兄弟でもめていたのに、最近の息子は必ずパパの隣に座るようになりました。
なんとなく、息子と私の間にできてしまった距離感を淋しく思います。
「お母さんと一緒にいるところを誰かに見られたくない」という気持ちからか買い物に行っても、私とは離れて歩いているのです。
担任の先生に個人懇談の際に相談したところ「それも成長の一環ですよ。立派に成長しているということでむしろ喜ぶべきです」と言われてしまいました。
「そうなんだ」と納得はしたもののやはり「ママ」と言いながら寄ってくる可愛い息子を思い出してしまう自分がいます。
いつかは親の手を離れていくのですから、親も自立しないといけません。
パパと二人で嬉しそうに漫画や学校で起こった面白い出来事の話で盛り上がっている姿を見て「羨ましいな」と二人の姿を眺めていますareaguideclassifieds.com

思春期の息子は父親が大好き

エンゲル係数上昇について思うこと

総務省の家計調査によると、「エンゲル係数」がここ数年上昇傾向にあるそうです。エンゲル係数なんて言葉が確か小学生か中学性の時の家庭科の授業で習ったような気がします。だから、エンゲル係数という言葉を知っています
エンゲル係数の上昇の原因としては、野菜の高騰や加工食品の値上げなどがあげられています。しかし、その一方で共働き世帯が増えたせいもあり自炊はするのだけれども、材料から食事を作るのではなく、作られた食事である惣菜を買う人が増えたことエンゲル係数を押し上げているとも言われています。その他の要因としては、「無農薬野菜や有機肥料によって作られた少し高めのこだわり野菜を購入する人が増えたからだ。」と分析する人たちもいるようです。
まあ、外食するよりもちょっと贅沢な生鮮食料品して家で調理したほうがいいと思うのは理にかなった態度かもしれません。
ただ、私は仕事で家に帰る時間が遅くなるので、家で食事を作るよりも必然的に外食が多いです。http://www.tatsumi-tosou.com/

エンゲル係数上昇について思うこと